深夜でも利用できる江戸川区出張マッサージ

江戸川区出張マッサージは深夜に利用できるところが気に入っています。私はいつも終電で帰宅するので、休みの前日に帰宅後セラピストさんを呼ぶことが多いですね。事前に予約をしておけないのは申し訳ないのですが、当日でも指名にこだわりが無ければ基本的に即来てもらえることがほとんどです。前回は電話をして大体20分くらいでセラピストさんが来てくれましたね。疲れている時にこのスピーディーな感じもうれしい!
施術はどうしても疲れ気味なのでボディトリートメントなど体の疲れを取ってくれるような施術がメインです。時々体力的に余裕がある時だけフェイシャルエステも追加。このフェイシャルエステ、すごく気持ち良いので本当は毎回やりたいんですけど、一番ひどいのが腰痛なので。腰痛は毎回お世話になる度に痛みが緩和されます。それだけではなく、体の歪みが良い感じに取れてきているのか腰痛になりにくくなってきましたね。特に整体経験のあるセラピストさんは本当に上手で、マッサージなんですけど体の歪みをしっかり整えてくれるような感じ。
今度からボーナスが出たらいつもより長めのコースを利用してダイエットとか美容系のメニューも受けてみたいですね。深夜から早朝までゆっくりフルコースを受けたいです。

小松菜発祥の地「江戸川区」

「江戸川区」は、東京の行政区である23区のうちのひとつです。
区の総人口は、689,817人 (推計人口、2022年2月1日)で、人口密度は、13,824人/km2です。
総面積は、49.90km2(境界未定部分あり)となっています。
旧松江町が区役所設置予定地であったので、松江区という案もありましたが、区の東端を流れる江戸川にちなんで「江戸川区」と命名されたということです。
区の人口は年々増加が続いています。
都心部へのアクセスの良さから、通勤や通学に便利ということで、若い人たちに人気がある区で、子育て世代のカップルには、いろいろな支援策があるため移住してくる人も多くいます。
「江戸川区」は小松菜発祥の地で、特産品としても知られています。
小松菜の他に朝顔や金魚も「江戸川区」の特産品です。
ちなみに、小松菜と命名したのは徳川吉宗だそうです。
毎年夏になると篠崎公園先の河川敷で打ち上げられる花火が有名で、多くの花火見物の人が集まります。

トップに戻る